日本の教育のこれからについて

現在日本は、少子化がどんどん進んでいます。
一家族あたりの子どもの人数も、どんどん減ってきています。
そのため、このままいけば、これからは学校や教師の数も減っていくでしょう。
逆に、1人の子どもにかけるお金は増えていくでしょう。
だから、子どもを塾に行かせたり、お稽古に通わせる親が多くなってくると予想されます。
1人1人の「個」を尊重し、各家庭のカラーを重要視した、各家庭ごとの教育が行われていくと予測できます。
また、情報化社会の影響で、コンピュータの学習がより大切になっていくでしょう。
情報の取捨選択、プライバシーの教育が必要になってきます。
世界の人達との交流もより盛んになってきています。
英語は今後も世界で1番使われる言語として存在するでしょう。
英語の学習や、外国人との交流を扱った授業などが求められます。
自分の国の文化を大事にして、よく学ぶことで、外国人に日本を紹介することができます。
また生涯教育といって、学校を卒業した後でも、自ら学んでいく場が増えていくでしょう。